「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
2009年 12月 24日

寒くて美しい夜に(さむくてうつくしいよるに)

c0000968_22234610.jpg
12月の、もっともにぎやかな日。
子ブタのフィーナはしごとをやすんで、一日キッチンにいた。
お昼まえからじゅんびをしていたパンは、日がしずむころにやきあがった。
c0000968_2224521.jpg
でも、ほかにもたくさんのパンを、今日はやくのだ。
c0000968_22241954.jpg
すっかりくらくなっても。
パンをやいたり、ディナーのじゅんびをしたりと、
フィーナはいそがしくしていた。
すると、シャーリーから電話(でんわ)がかかってきた。

「おそくなってごめんなさいね。
 やっとおしごとが、おわったの、いまから おかをおりて、バスターミナルまでいきます」
c0000968_22243396.jpg
フィーナは、レシピをおぼえたばかりの 'ふたござパン'を、すでにやきおえていた。
でも、モロッコパンだけはまだオーブンにいれていない。
今夜(こんや)だけは、「ただいま」の声と同時(どうじ)に、
オーブンからやきあがったパンをだしたいとおもっていた。

 コーンスープ
 マリネ
 タラモサラダ
 チキン
たくさんのおいしいパン
そして、チョコレートケーキ
すべての じゅんびが ととのった時に、またシャーリーから電話(でんわ)がかかってきた。
c0000968_22333739.jpg


「いま、バスターミナルでね。お友だちにあえたの。
 もうすぐかえるからね、あと少しまっててね。
 みんなでいっしょにたべましょう。
 でも、どうしてもがまんできなかったら、先にたべててもいいのよ。」

フィーナは、チョコレートをひとかけ口にいれて、
オーブンのまえにいき、パンをやくスイッチをいれた。
きっと たのしくて、あたたかい、しあわせな夜になるとおもった。

c0000968_2225873.jpg


May the season bring you the music of laughter, the warmth of friendship, and love.


(さつえいだ!チャーリー 最終章・子ブタ編おわり。
 そして最終回です、今まで見て下さってどうもありがとうございました。)
:->
[PR]

# by flower_tea | 2009-12-24 22:25
2009年 12月 20日

クリスマスのまえに

c0000968_2275325.jpg
子ぶたのフィーナは、クリスマスというものがよくわかっていなかった。
町のひとびとが、やたらとそわそわしているのは、
一年がおわるからなのか、クリスマスだからなのか、
そしてまた べつのりゆうなのか。

シャーリーは、
「クリスマスもお仕事(しごと)ですよ、でも夜にはかえりますからね」
と、しずかにいった。

シャーリーはここのところ毎日(まいにち)いそがしそうで、あまりあそんでくれない。
夜もはやくにねむってしまう。
シャーリーのためいきには、フィーナもこまってしまう。
くらやみのむこうから、
「だいじょうぶよ、フィーナ、なにもしんぱいはいらないのよ」
と、シャーリーがささやく。
:->
[PR]

# by flower_tea | 2009-12-20 22:08
2009年 12月 11日

モロッコパン

c0000968_2326292.jpg
子ブタのフィーナは、ピンセット工場(こうじょう)ではたらいている。
火曜日(かようび)と金曜日(きんようび)だけ。
そして、
水曜日(すいようび)は、パン作りをおそわっている。
木曜日(もくようび)は、パン作りをおしえている。
c0000968_23264527.jpg
パンの生地(きじ)をこねるときは、夢(ゆめ)でいっぱいだ。
どんなパンになるかな、おいしくやけるかな。
たまに、ごくたまに、おいしくやけないことがある。
おなじレシピで、まちがったはずはないのに。
がっかりしてしまい、そして、おなかが、せつなくなってしまう。
c0000968_2327224.jpg
シャーリーがとなりの部屋(へや)で、どたばたとしている。
「CDがないのよ、どこにいったのかしら」
また何かをなくしたらしい。
 いそいでパンをやいてあげないと!
フィーナは少しだけあわててしまう。
おいしいパンがやけますように。
:->
[PR]

# by flower_tea | 2009-12-11 23:27
2009年 10月 25日

イベントで

c0000968_23175351.jpg
かけねなしに、モロッコパン・フェスティバスは楽しいものだった。
でも、あまりのこんざつに、つかれてしまったのも事実(じじつ)だ。
モロッコパンには、絶対(ぜったい)にこれ、というレシピはない。
それぐらいのことはわかっていたのだけど、
「カカオがたりないよ」
のっぽのショコラティエがいうと、
「そのあまさではシャーベットにもおよびませんよ」
ヒゲをたくわえているグラシエがいう。
「モロッコパンはシンプルさがいのちだ!」
コンィズールがさけぶようにせんげんする。

子ブタは少しばかりうんざりして、会場(かいじょう)のすみにいくと、
ほっそりとしたきれいなパティシエールが、
「あら、おつかれですね、わたしのやいたモロッコパンをどうぞ」
と、さしだしてくれた。
どんな時でも、一口たべればしあわせになれる、
あたりまえのことを思い出させてくれるモロッコパンだった。
モロッコパンは、だれがやいても、どんなレシピでも、おいしいのだ。
だからこそ、モロッコパンなのだ。
c0000968_23181011.jpg
雨の日の夜、仕事がいそがしかったシャーリーは、音楽会にいってきた。
オーケストラの第2ヴァイオリンに、知りあいがいて、びっくりした。
3年前まで、同じ図書館でいっしょに働いて(はたらいて)いた人だったから。
お昼休みに、お弁当(おべんとう)を食べながら、音楽のはなしをたくさんした。
いっしょにコンサートにいったことも一度や二度ではなかった。
それなのに、シャーリーはステージにいる彼にまったく気がつかなかった。
帰りのバスでプログラムをみて知ったのだった。
シャーリーはいっしょうけんめいステージの様子を想いだそうとしたけれど、
おぼろげでしかなかった。
:->
[PR]

# by flower_tea | 2009-10-25 23:18
2009年 10月 09日

でんわ

c0000968_21482325.jpg
子ブタは、パン作りでいそがしかった。
夕ごはんのために、モロッコパンの生地(きじ)をこねていると、
電話(でんわ)のベルがなった。
子ブタはシャーリーだとおもい、受話器(じゅわき)をもちあげた。
すると電話のあいては、
「やあ、こんばんわ。シャーリーはいますか」
とたずねてきた。
聞きおぼえのある声だったので、したしみをこめて鼻をならすと、
「やあ、君かい、元気にしている?、シャーリーはまだもどっていないの?」
と、つづけてきた。
もういちど鼻をならすと、
「伝言をおねがいできるかな、物識りのシャーリーにききたいことがあるんだ、
 どうしてもわからないことがあってね、地図の読み方なんだけど、北北西に進路をとる時に、」
その電話の声は、とてもむずかしいことをたくさんいってきて、
しかもさいごに、
「  というわけなんだけど、シャーリーに伝えてくれますか?」
というので、子ブタは、かなしい鼻のならしかたをした。
「やあ、ごめんごめん、
 じゃあ、チャーリーからでんわがあったことだけつたえてください、またかけます」
c0000968_21484736.jpg
受話器をもどして、みっつかぞえるころには、
ふたたびモロッコパンを焼くことに夢中(むちゅう)になっていた。
おいしそうな、あまりにもしあわせなにおいがオーブンからただようころには、
電話のことはすっかりわすれてしまっていた。
:->
[PR]

# by flower_tea | 2009-10-09 21:49
2009年 09月 16日

百科事典と国語辞典と英英辞典

c0000968_83147100.jpg
子ブタがはたらいているピンセット工場(こうじょう)には、
百科事典さん(ひゃっかじてんさん)というおじさんがいる。
彼(かれ)は、むかし船乗り(ふなのり)で、
世界中(せかいじゅう)の港(みなと)をまわっていたのだそうだ。
「あらゆる港にボクの恋人(こいびと)がいましてね」
が、くちぐせだ。
そしてすぐに、
「それはまちがっていますよ」
とだれにでもいう。
c0000968_832755.jpg
国語辞典さん(こくごじてんさん)は、ベテランのおばさんで、
いつもてきぱきと仕事(しごと)をしている。
「あら、そんな言葉(ことば)はないわよ」
が、くちぐせだ。
この二人はあまりにもたくさんのことを知っていて、
子ブタはいつも口があいたままになってしまう。
でも、ピンセット工場一番のおしゃべりおばさんーおっぱいがメロンパンのように大きいーは、
「あんなやつらのいうことは、隙だらけの正論(すきだらけのせいろん)だよ」
といいながら、子ブタにチョコレートをくれる。
c0000968_8322290.jpg
そして、工場のだれとも話あいてになれないのが、
英英辞典(えいえいじてんさん)だ。
彼女は若くて美しい女姓で、ピンセットの説明書(せつめいしょ)を書いている。
彼女のいうことは、いつもさっぱりわからなかった。
子ブタは、英英辞典さんを見るといつもシャーリーのことを思いだしてしまう。
二人はまるでにていないのだけど、なんだか同じにおいがする。
子ブタが鼻をならして近よると、チーズをくれるとこなんてそっくりだ。
どうしていつもチーズを持ち歩いてのかきいてみたら、
とてもていねいに説明(せつめい)してくれたけど、
子ブタにはさっぱりわからなかった。
そして子ブタは、この英英辞典さんが好きだった。
:->
[PR]

# by flower_tea | 2009-09-16 08:33