さつえいだ!チャーリー!

flowertea.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 15日

c0000968_23294518.jpg
シャーリーは丘の上にある図書館で働いている。
2階にはカフェがあり、晴れた日には窓辺から海が見える。
休憩時間に、そこでお茶を飲みながら、シャーリーはいつも思う、
 '今度のお休みには、あの海にいこう'
と。

シャーリーの仕事はとても忙しくて、毎日終わりの時間まぎわは、
息つぎを忘れて泳いでいるようだ。
仕事を終えて図書館をでると、空には星が見える日もある。
丘の上では空をさえぎるものはなくて、上をむいて大きく深呼吸をする。
仕事の緊張をほぐすのには、いつもゆっくりと時間がかかる。
c0000968_23303711.jpg
お休みの日には目覚まし時計は、セットしない。
それでもいつもと同じ時間に、目が覚めてしまう。
 'まだ眠っていてもいいのだ'、
という幸せと一緒に再び布団にくるまる。
昼頃に起きて、台所に行くと、いつもなら一緒に暮らしている子ぶたが、
おいしいパンを用意しているのだけど、その日は冷蔵庫の音だけが静かに響いていた。
子ぶたは、モロッコパン・フェスティバルにでかけてしまっていた。
シャーリーはワッフルを焼きながら、'あの海'のことを思い出していた。



お財布と文庫本だけを持って、バスに乗った。
c0000968_23305748.jpg
夏が終わった海ーしかも夕方ーは、とても静かだった。
シャーリーは目をつぶった。
だって、丘の上図書館では、海の写真集をたくさん収集しているから。
潮の匂いと湿度、そして波の音を、肌で味わった。
息をすいこむと、海の向こうにも行ける気がした。
c0000968_23311194.jpg
明日は晴れそうだ。
:->
[PR]

by flower_tea | 2007-10-15 23:31


<< 音楽会      ごほうびのカニ >>