「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2007年 06月 14日

美術館で・2

c0000968_2233932.jpg
チャーリーは、シャーリーのお友達の男の子。
'ここは広いねえ〜'
歌うようにものを言うのが、彼の癖だ。
c0000968_22373995.jpg
シャーリーは、出勤前の時間を利用して、朝早くに美術館にきたのだ。
それなのに。
「入館まで30分待ち」
そんなプレートを見たら、すっかりいやになってしまった。
c0000968_2239693.jpg
'素敵な絵'は、誰のものでもない。
みんなのものだ。
そんなことはわかっている、彼女だって図書館で働いているもの。
でも、シャーリーは思ったりする。
'もし美術館で働いていたら、一人でゆっくりと絵を眺めることができたのかも'
c0000968_22405833.jpg
絵を楽しむには時間が足りないことをつげると、
シャーリーは自分が働くべき場所にでかけていった。
'またね'
'うん、またね'
c0000968_22452491.jpg
男の子は一人で絵を見るつもりでここに来たのだ。
でも、彼も絵をみることを延期した。
テラスに戻り、一人でお茶を飲みながら、入場券を眺めていた。
:->
[PR]

by flower_tea | 2007-06-14 22:49
2007年 06月 04日

美術館で・1

c0000968_20154584.jpg
初夏のとある月曜日、午前10時。
シャーリーは美術館にでかけた。
そう出勤前に。
c0000968_2016357.jpg

シャーリーの町では、図書館は水曜日、美術館は火曜日が休みだ。
日曜日があけた月曜日、誰もが働きたくない月曜日。
そんな日に、図書館や美術館が休みだなんて、考えられないことだもの。
なのでシャーリーが働いている図書館ーパン屋通りの広場から無料送迎バスで上り坂を8分・見晴らしのいい丘の上にあるーは、
月曜日は13時から21時まで開館している。

いつもの月曜日の午前中なら、のんびりと家にいるけれど、
この日は天気がよかったので、散歩がてら美術館によってみた。
そして。
c0000968_2017616.jpg
美術館のテラスで、久しぶりにチャーリーに再会した。

(つづく)
[PR]

by flower_tea | 2007-06-04 20:31