さつえいだ!チャーリー!

flowertea.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 27日

寒くて美しい夜に(さむくてうつくしいよるに)

c0000968_2348315.jpg
石版(せきばん)のなぞをさがして、たどりついたのは黄金の鍵(おうごんのかぎ)。
でも、このかぎのつかいかたは、けっきょくのところわからなかった。
c0000968_23482181.jpg
これ以上(いじょう)はもう、かんがえてもわからなかった。
そして、チャーリーにはもう時間(じかん)がなかった。
「やくそくのばしょに、やくそくのじかんにいかないと」
c0000968_23484225.jpg
お城(おしろ)のそとは、すっかり夜(よる)で、雨(あめ)はもうあがっていた。
c0000968_2349353.jpg
ひさしぶりにもどった町(まち)は、きらびやかだった。
やくそくのばしょには、おともだちがまっていた。
c0000968_23491724.jpg
「おかえりなさい」
「ただいま」
「たからさがしは、どうだったの?」
「うん、それがね」
c0000968_23493915.jpg
「おなかへっている?」
「うん、ぺこぺこ」
「こぶたがね、ふたござパンをやいてまっているそうよ」
「ふたござパンだって?。ふたござは、はるのせいざだよ」
「こんやもさむいわね」
「うん、さむいね」
「おなかへったね」
「おなかへったね」
c0000968_23495857.jpg




その町(まち)は冬(ふゆ)でもあたたかいところでした。
どれぐらいあたたかいかというと、
町のどのお店(みせ)にも、マフラーがうっていないのです。
c0000968_23505751.jpg
もしもまた雪(ゆき)がふることがあったら、そして雪があがったら、
きっとまただれかが、あの石版(せきばん)をみつけるかもしれません。




(さつえいだ!チャーリー 第三部・石版の謎、おわり)
[PR]

by flower_tea | 2008-12-27 23:51
2008年 12月 23日

黄金の鍵(おうごんのかぎ)

c0000968_2111551.jpg
チャーリーがたどりついた部屋(へや)には、黒い箱(くろいはこ)があった。
c0000968_21114699.jpg
このなかに、石版(せきばん)のなぞのこたえがあるのだろうか、、
チャーリーはどきどきしながらはこをあけた。
c0000968_21125998.jpg
箱(はこ)のなかには、黄金の鍵(おうごんのかぎ)がはいっていた。
c0000968_21132940.jpg
チャーリーがかぎにふれると、あたりはよりいっそうまぶしくかがやいた。
かぎは、ずっしりとおもい。
チャーリーは、はれやかにうれしかった。
でも。
このかぎであけるべき箱(はこ)がなにかは、いまだにわからなかった。
黄金(おうごん)のかがやきは、まぶしいばかりで、ずっとみつづけているのはむずかしかった。
c0000968_21161330.jpg
お城(おしろ)のそとは、ずっと雨(あめ)。
もうじきくらくなり、そして夜(よる)になるだろう。

(つづく)
[PR]

by flower_tea | 2008-12-23 21:17
2008年 12月 21日

鏡のお城(かがみのおしろ)

c0000968_22325099.jpg
鏡のお城(かがみのおしろ)のなかは、まっくらでした。
うっすらとあかりがみえると、そこはかがみで、
「ごっつん、あいた」
となるので、なかなかすすめません。
c0000968_22353762.jpg
ステンドグラスのあるへやがありました。
c0000968_2236246.jpg
「このへやにもなにもないよ。
 おや、あっちかな?」
c0000968_22365723.jpg
チャーリーはおそるおそるすすみました。
c0000968_22375689.jpg
とびらのむこうの、またそのむこうに。
c0000968_22381827.jpg
ひときわあかるいへやがありました。
c0000968_22404094.jpg



(つづく)
[PR]

by flower_tea | 2008-12-21 22:38
2008年 12月 16日

お城の門番(おしろのもんばん)

c0000968_1114188.jpg
「おまえはなんだあ〜、たべちゃうぞお〜」
「わあー、でたー!」

チャーリーは町のはずれにあるお城(おしろ)にいきました。
そこにはドラゴンの門番(もんばん)がいました。

「夏(なつ)にさむくて、冬(ふゆ)にあつい。春(はる)にかれて秋(あき)にさく、
 な〜んだ?」
「え?」
「このなぞなぞの答え(こたえ)がわかったら、くわないでやるぞ、二度(にど)はいわないぞ」

一度(いちど)きいたことのあるなぞなぞでした。
旅(たび)のあいだ、チャーリーはずっとかんがえていたのですが、
だれも答え(こたえ)はしらないので、たしかめることもできませんでした。
チャーリーはドラゴンにたべられてしまうかもしれない恐怖(きょうふ・こわいきもち)よりも、
このドラゴンが答えをしっているのだ、とうれしくなってしまいました。

「あなたはこたえをしっているんですね」
「あーたりまえだあ〜、どうだ、わからないのか、それならおまえをくうぞ、
 あたまからがいいか、そのほそいしっぽからがいいか、どっちだあ〜」
「たびをしながら、ずっとかんがえていました、さかさまの世界(せかい)ですよね。
 かがみ、こたえはかがみだとおもっていました。
 でもだれにきいても、しらない、としかいってくれなくて、、」
c0000968_1121370.jpg
「せいかいだよ、おめでとう、きみをたべそこなったのは残念(ざんねん)だけど。
 はじめてせいかいしたひとにあえてうれしいよ。
 さあ、お城(おしろ)まであんないするよ。」

チャーリーは。
「ゆめをみているみたいだ」
とおもい、ぼーっとしてしまいました。

(つづく)
[PR]

by flower_tea | 2008-12-16 11:02
2008年 12月 09日

スケボーにのって

c0000968_15555054.jpg
チャーリーは石版(せきばん)のなぞをしらべるために、町(まち)のあちこちにいきました。
もう最後(さいご)にのこっているのは、お城(しろ)だけでした。
c0000968_15571747.jpg
「あのおしろには、いきたくないんだよなあ。
 あそこには、人食い(ひとくい)ドラゴンがいるって、だれもがうわさしているよ。
 たしかめにいった人で、もどってきた人はだれもいないんだ」
c0000968_15584424.jpg
でも、チャーリーは、あせっていました。
「もう時間(じかん)がないよ、あそこにいくしかないんだ」
c0000968_15593641.jpg
スケートボードにのって、チャーリーはドラゴンがいるというお城をめざしました。

(つづく)
[PR]

by flower_tea | 2008-12-09 16:00
2008年 12月 03日

くるみ

c0000968_16325122.jpg
おひさまが低く(ひくく)てらす季節(きせつ)に、
チャーリーは、くるみをみつけました。
c0000968_16335212.jpg
クルミはかそけき味(あじ)なのですが、でもたべているとすぐにおなかいっぱいになったのです。
いがいと油(あぶら)っぽいのでした。

(つづく)
[PR]

by flower_tea | 2008-12-03 16:36