2008年 09月 01日

地図(ちず)をながめながら

c0000968_0571238.jpg
何(なに)かを探す(さがす)のに、たいせつなことをは、
自分(じぶん)がいまどこにいるかわかっているということ。
どこからきて、どこにいくのか、
それがわかっていれば、どこにでもたどりつける。
でも、それはとてもむずかしいことなのです。
c0000968_057343.jpg
まよったときは、むやみに歩(ある)きまわらないで、たちどまること。
ゆっくりと地図(ちず)をみて、それからまた歩(ある)きはじめよう。
:->
[PR]

# by flower_tea | 2008-09-01 00:58
2008年 06月 29日

あしあと

c0000968_8551733.jpg
石版(せきばん)のなぞのことばかりずっとかんがえていたチャーリーは、ある雨の日にきがつきました。
 特別(とくべつ)な新しい道なんかないのだ。
 先人(せんじん)の歩いた道はただしいのだ。
c0000968_8593541.jpg
'Yes!!'

(つづく)
:->
[PR]

# by flower_tea | 2008-06-29 09:01
2008年 05月 10日

色鉛筆

c0000968_22143695.jpg
チャーリーは、おひさまにいわれたとおり、色鉛筆(いろえんぴつ)をよういしました。
「こんなものをもって、どこにいけばいいのだろう」
チャーリーは写真(しゃしん)をとるのもだいすきですが、
絵をえがくのもだいすきでした。
たくさんのいろをみていたら、たのしくなって、絵をえがきはじめました。
すっかり石版(せきばん)のことはわすれてしまいました。
:->
[PR]

# by flower_tea | 2008-05-10 22:16
2008年 04月 27日

なぞだらけ

c0000968_10464256.jpg
おひさまからアドバイスをいただいたら、ますますチャーリーはわからなくなってしまいました。
c0000968_10473044.jpg
よめない文字(もじ)だけがわからないのではない。
c0000968_1048921.jpg
言葉(ことば)
がつうじでも、わからないこと、
そして、わかりえないことがたくさんあります。
c0000968_10485938.jpg
そう。
世界(せかい)はなぞであふれているのです。
(つづく)
[PR]

# by flower_tea | 2008-04-27 10:50
2008年 04月 09日

お日さまの助言

c0000968_22275999.jpg
チャーリーは石版(せきばん)のなぞをしらべるために、
物識り(ものしり)でゆうめいな、太陽(たいよう)のところにいきました。
c0000968_22281767.jpg
お日さまは、チャーリーにいいました。
「夏にさむくて、冬にあつい。春にかれて秋にさく。そこにいくがよい。」
チャーリーには意味(いみ)がわかりませんでした。
「それはいったいどこですか?」
「色えんぴつをわすれるな」
「え??」
「あわてることはない。かならず朝ごはんは食べるのだ」
「石版(せきばん)にかいてあることが知りたいのですけど」
「もうはなしはおわりだ」

チャーリーはこれからどうすればいいか、ますますわからなくなりました。

(つづく)
[PR]

# by flower_tea | 2008-04-09 22:36
2008年 03月 13日

なぞの石版

c0000968_23504633.jpg
石版(せきばん)には、小さいな文字がびっしりとほってありました。
ルーペでのぞいたのですが、
なんのことやら、チャーリーにはさっぱりわかりませんでした。
c0000968_23512370.jpg
図書館(としょかん)でたくさんの本をしらべたのですが、
やっぱりわかりません。
だれか物識り(ものしり)のひとに、おそわろうとおもいました。

(つづく)
[PR]

# by flower_tea | 2008-03-13 23:54